Call:0120-241-929

診療時間9:00~12:00 / 13:30~18:00

休診日:毎週 木曜日・日曜日・祝日

診療メニュー

クリニック最新情報

当院アクセス

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-11-27
Hiro Build 3F

JR川口駅 東口より徒歩3分
国際興行バス「川口駅東口」にて
ご降車下さい。

詳しくはこちら

休診日:
毎週 木曜日・日曜日・祝日

お問い合わせ

HOME診療メニュー にきび・ニキビ治療

にきびができる理由

医学的には尋常性座瘡と呼ばれ毛穴に皮脂がつまり、さらにアクネ菌などが関わって炎症をおこしてしまうものを言います。
にきびは主に男性ホルモンが原因とされています。 思春期の男女、また生理前ににきびができやすくなるのも、男性ホルモンや男性ホルモンに良く似た黄体ホルモンが関わっています。

他にも、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどからホルモンのバランスが崩れ、男性ホルモンが多く分泌されてしまうことでもにきびが出来ることがあります。

にきびの進行は次のような経過で起こります。
  • はじめに、皮脂が出すぎたり、毛穴の出口が詰まっていることで毛穴に皮脂がたまります。
  • 栄養豊富な皮脂のたまりに、アクネ菌などの細菌が入り込み、皮脂を食べながら増殖して炎症が起こります。
  • 赤く盛り上がったにきびから、膿を持ったにきびへと進行してゆきます。
  • 炎症が周囲の組織に広がると、皮膚ににきび跡の引きつれや凸凹、赤みや黒ずみを残してゆきます。
アクネ菌は悪い菌?

アクネ菌とは、ブドウ球菌と同じように皮膚に常在する菌です。通常アクネ菌は、皮膚の酸性度を弱酸性に保って、他の病原菌の進入や繁殖をおさえる働きをしています。
しかし、アクネ菌は空気のないところを好み、皮脂を栄養にしているので、詰まった毛穴の中で増殖し過ぎるとにきびの原因となってしまいます。

アクネ菌の増殖を抑えるには、正しい洗顔を心がけることが大切です。
正しい洗顔とは、皮脂と汚れを取り除き、角質の機能を良好な状態に保つことなので、洗いすぎても、洗わないのも良くありません。 肌に負担を与えないよう、ごしごしとこするのではなく、優しく洗うよう心がけましょう。

にきび治療の各施術について

外用薬、内服薬

一般的なにきび治療は外用薬と、内服薬です。 治療期間は4~6ヶ月ぐらいが一般的で、症状の改善が見られたら、除々に内服薬(主に抗生剤)の量を減らしていき、最終的には塗布薬のみでコントロールするというところまで進むようにします。

外用薬
  • 抗生物質・・・・・皮膚の細菌に作用し、にきびの発生を減らす効果があります。
  • トレチノイン・・・皮脂腺の機能を低下させ、毛穴に栓をしている角質をはがれやすくすることによってにきびを治していきます。

外用薬の治療開始直後は、ある程度の皮膚の乾燥、ヒリヒリする感じなどがありますが、これは徐々に軽減していきます。

内服薬
  • 抗生物質 ・・・・・・症状がひどい場合、また塗り薬の効果があまり得られない場合に効果的です。
  • ビタミンB2、B6・・・皮脂腺の活動を抑えると言われています。
  • ビタミンC・・・・・・にきび後の炎症性色素沈着をより早く改善することができます。
ケミカルピーリング

毛穴のつまりに効果的なケミカルピーリングは、にきび治療にも非常に効果的な治療です。

グリコール酸を皮膚表面に塗布し、皮膚表面と毛穴のつまりをとることによって、現在できているにきびの改善のみならず、これから出てくるにきびにも効果があります。

ピーリングは、複数回の施術が必要なため、通院が必要になります。

ピーリングによって皮膚が刺激されるため、ビタミンCのイオン導入やパックを行うことによってより美しい肌が形成されます。

ケミカルピーリング 詳しくはこちら
カーボンピーリング

古い角質や毛穴のつまりをはがすため、にきびをできにくくしたり、にきび跡を改善します。

カーボンピーリングとは、お化粧で隠しにくい開いた毛穴や、角栓が詰まって黒ずんだ鼻の毛穴やにきび跡の凹凸に高い効果を示し、お肌のきめを整える治療法です。

熱によりコラーゲンの生成を促しますので、毛穴がぎゅっと引き締まるのはもちろん、お肌の張りや弾力を増し、肌質を改善します。

治療後も赤み、腫れなどはほとんど起こらず、直後から洗顔、お化粧ができるので、日常生活の中でお受けいただける安心な治療です。

カーボンピーリング 詳しくはこちら
eCO2(エコツー)レーザー

eCO2(エコツー)レーザーは、マイクロ単位の炭酸ガスを瞬間的に多数照射して、穴の開いた皮膚の自己治癒力を利用し、肌の入れ替えと皮膚再生を促進させます。

熱でダメージを与えるだけの“ノン・アブレイティブレーザー”と異なり、“アブレイティブレーザー”は古い皮膚を削り取って穴を開けるように作用するため、 よりしっかりと肌細胞の入れ替えを行え、より少ない回数で効果を期待できます。

皮膚の深い層まで届きますので、にきび治療には絶大な効果を期待できる反面、アファームマルチプレックスに比べると、ダウンタイム(施術後の赤みや腫れ)が長くなります。

eCO2 詳しくはこちら
アファーム・マルチプレックス

種類のレーザーでにきび・ニキビ跡の治療に不可欠な「お肌の入れ替え」と同時に、「たるみの引き締め」を一度の施術で行えます。 2つの波長の作用がバランスよく融合することで、単体のレーザーにはない効果を実現します。

従来のフラクショナルレーザーは、痛みとダウンタイムの問題がつきもので、ほとんどの機種が麻酔なしでは行なえないものばかりでしたが、アファームマルチプレックスは特殊冷却装置と、レーザー照射の仕組みにより、痛みが少なく、麻酔の必要がありません。

これまで、ダウンタイムや痛みでレーザー治療をあきらめていた方にお勧めの治療法です。

アファーム・マルチプレックス 詳しくはこちら
FNS(ダーマローラー)

極細の針が1秒間に120回もの高速振動で皮膚にマイクロホールを開け、皮膚の自然治癒力を強力に呼び起こし、コラーゲンを生成してお肌の質感を改善することによって、にきびを改善させる効果があります。
また、マイクロホールから有効成分を浸透させると、機械による導入以上に浸透を極大化させることができ、非常に効果的にお肌の再生が進みます。

従来のダーマローラー治療と比較しますと、針の1本1本が非常に極細ですので、針の傷はほとんど目に見えないレベルです。
出血や針の刺し痕が点々とかさぶたになることもほとんどありません。

熱を発生させるフラクショナルレーザーでの治療にためらいのある方にも、おすすめ出来る新しい手法です。

FNS(ダーマローラー) 詳しくはこちら
フォトRF

フォトRFは光と熱による殺菌効果や皮脂腺へダメージを与えて皮脂の分泌を抑えることによってにきびの改善に効果があります。 痛みも少なく、真皮のコラーゲンを増加し、にきび跡の凹凸を目立たなくさせます。肌の張りや毛穴の引き締めにも効果的です。

フォトRF 詳しくはこちら
イオン導入

ビタミンCはにきびの原因のひとつである過剰な皮脂分泌を抑制し、毛穴を引き締める効果があり、活性酸素を除去することで、皮膚の代謝も高めることができます。

にきび跡などの色素沈着を改善できます。

イオン導入 詳しくはこちら
その他のにきび治療

ケミカルピーリング、カーボンピーリング、eCO2、アファームマルチプレックス、FNS、フォトRF、イオン導入の他にも、にきび治療に有効な方法はいくつかあります。

サーマクールはもともとにきびの治療のため認可された機械で、熱による引き締めやコラーゲンの増生により、毛穴を引き締め皮脂腺の働きを抑えたり、にきび跡の凹凸を改善する効果があります。

プラセンタ注射、ビタミンC注射、エイジングケア点滴(スペシャルプラセンタ点滴)、高濃度ビタミンC点滴などの注射・点滴療法で体の中からバランスを整え、できにくくしたりする治療もあります。 疲労回復や美白・美肌効果もあり、定期的に継続していただくことにより効果が高まります。

また、ケミカルピーリング、カーボンピーリング、eCO2、アファームマルチプレックス、FNS、フォトRF、イオン導入、サーマクール、注射・点滴療法をそれぞれ組み合わせたり併用することによって、さらなるにきび治療効果を期待することもできます。

患者さまお一人お一人に合わせたオーダーメイド治療で、最善のにきび・にきび跡の治療をご提供します。

Call:0120-241-929