Call:0120-241-929

診療時間9:00~12:00 / 13:30~18:00

休診日:毎週 木曜日・日曜日・祝日

診療メニュー

クリニック最新情報

当院アクセス

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-11-27
Hiro Build 3F

JR川口駅 東口より徒歩3分
国際興行バス「川口駅東口」にて
ご降車下さい。

詳しくはこちら

休診日:
毎週 木曜日・日曜日・祝日

お問い合わせ

HOME診療メニューがん遺伝子検査

こんな方におすすめ

  • なってからでなく、ならないように予防する

がん遺伝子検査について

がん細胞が見つかる大きさになる前に成長を防ぐことが大切です

これまで、がんの診断は目に見える大きさに成長したがん細胞を視認する形で行われてきました。そうなってからでは、がんの治療は主に手術、放射線照射、抗がん剤の投与に頼ることになります。こうした一般的ながん治療では、からだに大きな負担が強いられます。

また、がん治療後も再発の不安を感じる人は多くいます。では、がん細胞が目に見える大きさになる前に、そのリスクを知る方法はないのでしょうか?

実は、「遺伝子検査」という方法があります。まだごく小さながん細胞でも、血液を調べることでがんにかかるリスクがどの程度のものかを分析することができます。まさに”超”早期がん検査なのです。

がん検査方法の比較

がん遺伝子検査は、5mm以下の微細ながん細胞の存在、がんリスクの評価を通じて、発症の前段階から発見します。これまでの検査方法では、がん細胞は1cmくらいの大きさならないと検査ができないと言われてきましたが、近年、PETなどの検査機器の進歩によって5mm程度のがんも診断出来るレベルに達しました。

しかしながら、5mmのがんといえば、もう「一人前のがん」になっています。
がんの超早期リスク評価とは、まだ一人前のがんに成長する以前のごく小さながん細胞の存在リスクを評価し、生活習慣、環境の改善、免疫療法などの予防的なアクションにより、がんの発症を未然に防げる可能性も十分あります。

画像診断可能レベルに達するまでのがんの進行

がん遺伝子検査の目的

超早期リスク評価ができます

画像診断、内視鏡検査等では確認できない微細ながん(5mm以下)でも、がん細胞から血液に遊離されるDNA、RNA等を解析し、分子、細胞レベルの微細ながんの存在リスクを評価します。
これにより、“超“早期がんリスク評価、早期治療、治癒率向上を目指します。画像診断、内視鏡検査等では確認できない微細ながん(5mm以下)でも、がん細胞から血液に遊離されるDNA、 RNA等を解析し、分子、細胞レベルの微細ながんの存在リスクを評価します。 これにより、“超“早期がんリスク評価、早期治療、治癒率向上を目指します。

予防管理

微細ながんの存在リスク、遺伝子変異による発がんリスクの評価等を継続的に行い、個々人の体質、生活習慣にあった最適な予防管理指導を実現します。これにより、がん予防の効果確認、発症抑制、早期発見を目指します。

再発防止管理

がん治療後のがん再発リスクを評価します。 がん治療後、定期的な遺伝子検査により、「がんが再発にむかって進行しているのか、改善されつつあるのか」をリスク評価し、個々人の状態にあった再発防止指導に有用な情報を 提供します。
なお、当検査は画像診断をはじめとする従来の臨床検査を補完することを目的とするものです。 検査結果に関しては担当医師が総合的に判断した上で確定診断しますので、検査結果をご自身で独自に判断されずに必ず担当医師の指示に従ってください。

安全性

検査に要するのは約20cc~25cc程度の採血のみです。他の画像診断のような放射線被曝や強力な電磁波等による人体への悪影響の心配はありません。

遺伝子解析について

採取した血液より、以下の工程でFree DNAとRNAを抽出し、Free DNA濃度測定、変異解析、メチル化解析、発現解析を行います。

画像診断可能レベルに達するまでのがんの進行

がん遺伝子検査の流れ

  • ドクターの説明・同意書の記入

    まずはドクターの説明を受け、検査の内容を確認してください。

  • 採血(20ml~25ml)

    あなたの血液をわずか20ml程度採血するだけで検査が可能なので、時間をとられません。

  • 検査

    約2~4週間程度かけて血液中のがん関連遺伝子の検査を行います。

  • レポート

    検査結果に基づき、発がんリスクや予防管理についてのレポートを作成します。

  • 検査結果

    レポートをもとに、診断結果についてドクターから説明を受けます。

がん遺伝子検査の種類

それぞれの検査コースの違いは次のとおりです。

FreeDNA濃度検査

FreeDNA濃度とは、血中に含まれるDNA濃度を測定します。濃度が高いとがんあるいは何らかの異常(炎症性疾患など)を反映していると考えられます。

遺伝子発現解析

がんを増殖させる遺伝子(アクセル)の活性度合いを調べます。さまざまながんにかかわる47の遺伝子(RNA)を解析し、がんリスク評価に反映します。

突然変異・メチル解析

がん抑制遺伝子(ブレーキ)の壊れ具合を調べます。異常があると正常細胞ががん化しやすくなったり、がん細胞を抑制できなくなったりします。

がんリスク評価

FreeDNA濃度と遺伝子発現解析の結果及びその他の患者様データを当社独自の評価アルゴリズムを用いてがんリスクの数値化を行っております。

検査コース Free DNA 発現解析 変異解析 メチル化解析 リスク評価
総合検査
リスク評価 - -
FreeDNA濃度 - - - -
検査コース 必要採血量 検査日数 料金(税抜)
総合検査 25ml 28日 210,000円
リスク評価 20ml 21日 105,000円
FreeDNA濃度 5ml 7日 21,000円
Call:0120-241-929